意外な具体例

男性のコンプレックスは実に様々ありますが、以外にも最も多いコンプレックスは性の問題です。ある調査によると、実に7割の男性が性にコンプレックスを持っているようです。具体的には、アルコールが入ると勃起の持続時間が短くなる、包茎である、早くいってしまう、勃起時の硬さに自信がない、30過ぎてからなかなか勃起しなくなった、小さいなどです。

勃起や小さいについてはそれを補うため、バイブレータなどを使用したりするようです。早くいってしまうことについては、挿入時、仕事のことを考えたり、他のことを考えたりして気を紛らわせたりしているようです。対処の方法が難しいのが包茎です。ある調査では、包茎、もしくは仮性包茎のコンプレックスを持っているという男性が7割いたということでした。仮性包茎、または包茎というコンプレックスを持っている男性は、女性から包茎と思われてしまうのが恥ずかしい、早くいってしまったときの相手の女性の態度が冷ややかで気になる、といった悩みを持っているそうです。

性でコンプレックスを感じている男性は、女性の目を非常に気にしています。もし、セックスしたあとで女性から「小さいわね」「早すぎよ」とかいわれたら、男性は非常に落ち込みます。できることなら隠したいものですが、女性と付き合うことになったらそうはいきません。性のコンプレックスはなかなか人にはいわないので、ネットなどで検索していろいろ調べてみましょう。同じように悩んでいる男性は多いので、何か参考になることが見つかるかもしれません。

▽注目サイト
包茎の手術を専門に行っているクリニックのサイトです ⇒ 包茎の手術

Copyright © 2014 男性のコンプレックスの具体例 All Rights Reserved.